2005年05月24日

魔の二回戦海峡

戦績:1-1-1-2#2-6-1(3-1-2)
貢献度:3740(+16)

二回戦で落ちること、魔のバシー海峡に散っていった兵輸送船のごとし。

初動スピード低下の影響がモロにでたかな。二回戦で同数正解のタイム差敗退を何度か。

でも1回はスピード勝負な3回戦を99.5xでトップ通過とかビィシッッッと決めたんだけどねー。そのときはボダが98.6xとかそんなのだったかな。あ、そうか。このときは一問目の四文字以外は全部オレでも16.66で答えられる(そして実際にほぼ全員が答えた)問題だったんだ。要するに最初の四文字の反応速度で勝負が決まるというなんともトンチキな勝負。まあ、トンチキでもなんでも一位通過は一位通過じゃい(ええ)

今日も1回賢王メダルに限りなく近づくもまたも2位敗退。3セット終わった時点で自分と賢王氏のみが全問正解。最後のセットが賢王氏出題の学問順当て、粘れるところまで粘ってやるぜと気張っていたら、これが大波乱。突如新問の嵐で金剛四人が雁首ならべて2連続で全員不正解。最後の問題も新問?で当たれ、当たれ、当たれぇーーーー!!とばかりに山勘で押してみるも(結局わからんかったんかい)賢王氏が見事単独正解で万事休す。あちゃー。Ato Ichimonn! Ato Ichimonn! しかし巷では賢○メダルをザクザク手に入れてるひとも沢山いるというに、なんともトホホなことでありんす。およよ。

ああそうそう、今日の一位は毎度おなじみ回線落ちでの拾い物。まあいつものことだし。一回戦終了時に回線が落ちてそのままオール1位で駆け抜けたという按配。本当に自分がホストだと問題がヌルくてたまりません。このカードはそういうカードなのか?

それにしても今日は新問配信された日のはずなのにあまり新問には出会えず。きっとKONMAIさまへの貢献度が足りないのだろう。
posted by Cs2 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。