2005年12月27日

今日のQMA3

戦績:
BF109G
 2-0-0-1#2-0-0(3-3-1)
 上級魔術士10級
 ユニコーン組

人間、何もかもを断って一心不乱に頑張るなんて長続きしないよね、と。そう、今はやりのサステイナビリティ重要ってやつですよ。決して現実逃避だとか、投稿してた論文がホゲってムシャクシャしてやったとか、そーゆーんじゃあないですよ(汗

とまあ、そんな言い訳じみたことを考えつつ、モンテへ参上。フローリアさん、アサギリさんハッケーン。しばらく後からパッフェルさんも登場〜。

ワタシもようやっと上級に昇格、次のゲームでユニコーン組へもぐりこむ。今までは、一問多答ヤバスということでそっちを予習していたんですが上級に上がって答えもでなくなったし、どうしたものかな。

ちなみにユニコーン組での2戦は両方とも3落ち。キビシイのぉ。まあ1戦目、2回戦のアニゲ多答で6問拾って区間賞取れたので、かなり悪くないかもー。

それからラウンドワンでベースボールヒーローズに挑戦してみる。ううむ、サインで出せる指示でどんな効果があるのかが、よくわかんない・・・。
posted by Cs2 at 23:59| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | QMA3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

でも遊ぼうぜ!

今日は・・・センセーがガッコにいらっしゃいませんでしたー。今日を逃すと本番まで発練見てもらう機会ないんですけどね。ま、うちのセンセは手を抜くところ、抜いちゃダメなところの見極めは絶妙なので、多分大丈夫なんでしょ。うんうん。

つまりはセルフ発練して、ちょこちょこ修正した版を先生に送りつけて、本日のお仕事終了!イザ QMA3〜

戦績:
 3-2-1-3#2-0-0(4-3-6)
 中級魔術士9級
 ユニコーン組

うむ、グラフィックめちゃキレイですねぇ。これを見てしまったら確かに QMA2 には戻れないなー。

カードのほうは新規作成。とりあえず、BF109G@サンダースにしました。QMA2 のときと違って、今回はロケテにも行ってなくて勝手がわかんないのと、1回引き継いでしまったら二度とやりなおせないので、とりあえず新規作成で様子見を。率直にいって、前のサンダースの声はちょっと高めでゲームをしていてツラそうだったので(容姿は十分合格点なのに)食指が動かなかったんです。が、QMA3 になって声が低くて渋い声になったのでちょっと使ってみようかな、と。黒鋼カッコヨス。

ちなみに BF109G というのは、WW2 当時のドイツ空軍主力戦闘機の名前です。昔々 QMA2 のロケテのときに、ロケテカードに BF109 なんて名づけたのを思い出したので、そのノリで。最後の型番を E、F、G のどれにするか、つまりは「エミール」か「フリードリヒ」か「グスタフ」かで迷ったんですが、まあそんな話はどうでもいいですね。

で、代わる代わるで計 11 戦ほど。初回の入学試験でエルフ組に配属されるも、トナメ初戦が三回戦落ちでいきなりホビット組に降格。そっから 3位→2位→2位でエルフに舞い戻るも、次のトナメ 4位で、またもホビット組に降格。決勝に残って降格はちょっと想定外かしらー。そこからしばらくホビットでちまちまやってたんですが、10戦目で1位をとって、いきなりユニコーン組に飛び級、11戦目が4位引くもステイシスで今に至る、と。

ううむ、組の決め方がよくわからん。組ステイシスできる基準はどこにあるんだろ?今はまだプレイ数が少ないからちょこちょこ動くのか、それともずっとこんな調子なのか。とりあえず昇格直後に4位で降格とか、QMA1 のあの全く余裕のないシステムを彷彿とさせますな。個人的には、もうすこしチャタリングしない組システムのほうが好みですね。

あと皆さんのプレイみてて思ったのは、エルフ組めっちゃヤバイですね。結構な頻度で超銀級メンツに囲まれるっぽいし。なんか連勝しないと上にいけないっぽいので、ランカークラスまで下位組にいる現状だと潰し合いになっちゃってる予感。これでは人がバラけないような気がするんですがねぇ。
posted by Cs2 at 23:59| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | QMA3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。